Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1チーム・無事にBCへ

 11月1日午前11時すぎ、第1チームの花谷泰広隊員から衛星電話で日本国内の関係者に連絡がありました。「4人とも無事にベースキャンプに下山しました」と報告がありました。4人は10月31日午後8時にBCに戻り、おかゆを食べてすぐにシュラフへ。受話器から伝わってくる花谷隊員の声から疲労困憊の様子が伝わってきました。11月2日からバックキャラバンに入るため、今日はゆっくり休むそうです。

 花谷隊員は「今朝は4人とも顔がパンパンで死んでます(笑)。全力を出し切って、頑張った」と話していました。

第1チーム・ネムジュン隊登頂

 前日遅くまでかかって稜線上に幕営したアタック隊。就寝したのは夜11時だったそうです・・・。

 10月30日、快晴。いよいよネムジュンの頂上を目指して出発!・・・といきたいところでしたが、朝7:00の無線交信では、「風が強いので弱まるのを待って出発します」とのことでした。稜線上では同じ方向から強い風が吹き続けるため、転滑落の可能性や凍傷にかかりやすくなるといったリスクがあります。

 9:15、出発する旨が無線で伝えられました。昨日と違い、アタック隊は稜線の向こう側を通るため、BCから様子を見ることはできません。無線を聞いて登攀の様子を想像しながら待つのみです・・・。

 登頂の報は13:30、田辺隊長の無線から届きました。山頂には150mもの巨大な雪庇が発達しており、山頂を判断するのが難しかったようです。風も強く、昨日の疲れも重なり、4名とも相当に消耗しているようでした。


TOUTYOU1031

BCより、登頂時のネムジュン


 登頂を喜ぶBCに対して隊長は冷静で、「下山も心配。まだ終わりじゃありません。」
と緊張した様子が伝わってきました。

 その後16:20に無事昨日のキャンプ地へ到着しました。予定ではC2まで下降となっていましたが、再びここで幕営となりました。

 本日31日は壁を下降し、BCまで戻る予定です。田辺隊長の言う通りまだ終わりではありません。
BCへ無事帰還を願うばかりです。

第1チーム・ネムジュン登頂

 第1チームの隊員4人が30日午後1時半(現地時間)、ネムジュン北西壁の登頂に成功しました。花谷裕子隊員が衛星電話で伝えてきました。

 登頂したのは、田辺隊長のほか角谷、花谷、大木の各隊員。頂上が巨大な雪庇(せっぴ)に覆われていて、頂上を見つけるのが大変だったようです。風も強かったようで、全員疲れているとのことです。田辺隊長は30日中に「下れるところまで下る」と話していたということです。

第1チーム・ネムジュン隊3日目

 10月29日、ついにアタック隊のネムジュン北西壁登攀が始まりました。

 6:30にC1を出発した4名は、前日につけたルートをたどり登攀を再開。
花谷隊員リードのもと、ピッチを伸ばしてゆきます。
この北西壁は、午前11時近くにならないと日が当たらないので、
かなり寒い中登攀していると思われました。

 BCから真正面に見えるネムジュン、双眼鏡で隊員の様子を見守りました。

 無線から聞こえてくるのは「花谷、あと○m!」という、田辺隊長から
花谷隊員へのロープの残りを知らせる声のみ・・・。

 大きな壁の中ではとても小さく見える隊員の姿ですが、確実に高度を
上げているのが確認できました。

 しかし夕暮れが迫ってもなかなか予定の稜線まで抜けられません。
西日が最後まで当たるとは言え、さすがに今日は途中で幕営するのではと
思われましたが、月明かりに助けられて日暮れ後も登攀を続けました。


MOON1030

 日暮れ直前のネムジュンと月


 稜線で幕営したのはなんと夜8:30!
無線の声から、かなり疲弊した様子が伝わってきました。

 いよいよ本日は稜線を抜けて頂上を目指します。

(文責・花谷裕子隊員)

第1チーム・ネムジュン隊・2日目

 昨日28日のネムジュンアタック隊の様子をお伝えします。

 予定通り7:00にC1を出発したアタック隊。

 正午過ぎに6,000m地点の「真っ平なところ」にC2を設営したとの無線連絡がBCに入りました。

 その後、田辺隊長と花谷隊員とでルート工作を開始。4ピッチのFIXを張り、16:30にはC2に下降しました。

 ルート工作の様子はBCの近くから双眼鏡で確認できました。時折入る無線の声から登攀の様子がうかがえます。


FROMBC1029


 アタック隊の動向を見つめる藤松隊員とネパール人スタッフ。スタッフもアタック隊の様子が気になるようです。

文責:花谷裕子隊員

Appendix

信州大学山岳会

sac60th

Author:sac60th
信州大学山岳会は
60周年を迎えました!

【リンク】
信州大学山岳会60周年記念事業
信州大学山岳会
信州大学学士山岳会
信州大学

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。