FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sac60th.blog91.fc2.com/tb.php/125-af4ce59b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第1チーム・BCにて休養日

2009年10月20日、BCにて休養日。

 昨日の12時間行動の偵察で疲れ果て、本日はレスト日です。偵察の結果を振り返ります。

 BC出発7:40、まずは凍りついたモレーンから氷河に下り、対岸近くまではヒムルンで作ったトレースを辿り、氷河の右岸付近をネムジュンに向かって遡行し始めました。


GLACIRE1019


 何が嬉しいかというと、やっと風景が変わったこと!ヒムルンのC1往復は高所順応の為とはいえ、さすがに飽きていたところです。

 BCから見えるネムジュンはピラミダルな美しい山容で、このペリヒマール山群の最高峰にして、いかにも「山!」という見事な貫禄です。アルパインクライマーなら登りたくなる、写真家なら撮りたくなる、情熱的な衝動を誘う山です。

 取り付きの山裾まではかなりの距離があります。長い氷河を遡るとアイスフォール帯が立ちはだかり、これを越えるとプラトー(氷河の段)に上がり、AC(アタックキャンプ)の設営となりそうです。アイスフォール帯の安全な場所にC1を設営し、2日でAC入りする予定です。丸々一日かければBCからAC入りすることも可能かもしれませんが、頑張りすぎると翌日登れない程疲労しかねないので二日間でAC入りします。


NEMUJYUN1020


 氷河どん詰まりから望むネムジュンとアイスフォール帯。このアイスフォール帯の中にC1を設営し、プラトーに出て奥まで進んでACの予定。

アイスフォール帯はこんな感じです。


ICEFALL1020


氷のわずかな繋ぎ目から渡り、ルートを検討中の田辺隊長と花谷(泰)隊員。

 偵察なので時間は限られていましたが、アイスフォール帯の偵察と平行し、もう一つ大きな目的がありました。ヒムジュン南壁の偵察です。ネムジュンの登攀が終わった後、最後の目標がヒムジュン南壁からヒムルンへの初縦走でした。ヒマラヤでは最も難しいとされるピーク間の「縦走」です。それにはヒムジュン南壁が登れる状態である事が最大の条件でした。BCまでの長い道のりを考えると最低でも14時には引き返したいところでしたが、安定したネムジュン西壁に対して、雪の状態によっては先にヒムジュンに登るかもしれないということで、時間が回ってもヒムジュン南壁が望める地点まで登り続けました。

 14:30、ヒムジュンがやっと望める地点に着き、同時にあっさりと「縦走」の計画を諦めざるを得ない光景が展開されていました。


HIMUJYUN1020


 山頂に抜ける予定の雪の壁が途中で寸断されており、黒々とした跡は落石の集中地となっていることを物語っていました。「こりゃ~死ぬわ~」と花谷(泰)隊員がこぼし、全員一致で諦めました。

 BCに着いたのは19時で真っ暗になっていましたが、収穫の多い偵察となりました。ヒムジュン南壁は残念でしたが、これで逆にネムジュンに集中できます。そしてこの遠征の最後に相応しい山です。
先も見え、逆にすっきりしました。疲れてはいましたがこの晩もしっかり飲んで騒ぎました。


NIGHT1020


 各分野の専門家のメンバーが集まっているので、毎晩毎晩、不思議なくらいにネタが尽きることも無く、とても楽しい遠征になっています。これも故・小川勝さん、SAACの皆さんのお導きでしょう。多謝。

文責:大木信介隊員(DJ-ぼんど)

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sac60th.blog91.fc2.com/tb.php/125-af4ce59b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

信州大学山岳会

sac60th

Author:sac60th
信州大学山岳会は
60周年を迎えました!

【リンク】
信州大学山岳会60周年記念事業
信州大学山岳会
信州大学学士山岳会
信州大学

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。