Entries

スポンサーサイト

第2チームの準備完了

 第2チームは8月29日、遠征で使用する衛星機器の講習と、海外旅行保険(IHI Bupa)のインターネット申し込みを大坂市内で行いました。 衛星電話は、スラーヤ(移動)とビーガン(固定)及びメールシステム(BGAN)の実操作を行いました。第2チームの金子鉄男隊長は「耳学問で多少の不安がありましたが、まずはやれやれ」とホッとした様子でした。 寄贈医薬品・食料・衛星機器と機内持ち込み荷物が増えたので、EMSを2箱作り...

信濃毎日新聞にて

長野県にお住まいの方はご存知かもしれませんが、信濃毎日新聞にて「ヒマラヤへの夢群像 信大60年学士山岳会の挑戦」が連載中です。出典・信濃毎日新聞、8月25日付朝刊記事は山岳会OBの信毎記者によるものです。ぜひご覧になってみてください!(写真の新聞は本日のものではありません)...

第1チームも梱包(こんぽう)完了

壮行会の翌日、8月23日(日)に第一チームもネパールへ送る食料や装備品の梱包作業を行いました。海外遠征経験豊富な田辺隊長監督のもと、梱包輸送担当の大木隊員指示で作業が進められます。装備・食料担当の花谷隊員の買出しや、新しく買ったテントのテスト設営、ロープの解きほぐし、食料の不要なパッケージの取り除き・・・セミの大合唱の中、地道な作業が続きます。プラパールの中にテントやロープ、水ポリタンクなどが入れられ...

海外事業・登山隊の壮行会が行われました

8月22日(土)、松本市のホテル ブエナビスタにて海外事業の登山隊・トレッキング隊の壮行会が行われました。各隊の隊員はもちろんのこと、学士山岳会員をはじめ多くの方々にご参加いただきました。学士山岳会長・宮崎敏孝、記念事業実行委員長・松尾武久より挨拶の後、各隊隊長より隊員の紹介を行いました。総勢66名の紹介となり、改めて今回の事業の大きさを改めて実感するものとなりました。来賓の信州大学野村彰夫理事からは信大...

ニッケ(日本毛繊)が遠征隊に高所用下着を提供

 衣料繊維事業を手掛けるニッケ(日本毛繊)=大阪市=は今回、遠征に協賛し、第1、2チームの隊員13人に極寒の条件下でも体温を維持してくれる「スポーツウール」素材の下着を提供してくれています。 第3チームに参加する池内寛幸隊員が同社に働きかけて実現しました。遠征隊の壮行会が目前に迫った8月17日、池内隊員らと同社の広報担当者が、大阪市内で今後のやり取りについて打ち合わせました。 同社は9月初旬、遠征...

Appendix

信州大学山岳会

sac60th

Author:sac60th
信州大学山岳会は
60周年を迎えました!

【リンク】
信州大学山岳会60周年記念事業
信州大学山岳会
信州大学学士山岳会
信州大学

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。