FC2ブログ

Entries

アルファ米

山での食料といえばこれ!ご存知アルファ米です。軽量なのも重要ですが、お湯を注いで待つだけでおいしいご飯が食べられます。電池と同様、なんと50個も入っています。ベースキャンプでこれを食べるわけではなく、登山中のハイキャンプなどで使う予定です。ベースではネパール人の専属コックがおいしい食事を用意してくれます。お米もありますが、向こうのお米はいわゆるタイ米のような細長いお米です。きっと日本人の口には、アル...

学士山岳会員から遠征隊に医薬品の寄贈

 信大学士山岳会員の医師、新谷剛さんが12日、遠征隊の第1、2チームに医薬品を寄贈しました。 遠征隊医療アドバイザーも務める新谷さんが「保険証を使用せず 正規に問屋・薬局からメーカー品を揃えました」。受け取った第2チームの金子鉄男隊長は「インフルエンザ対処薬のタミフルも含まれている」と内容の充実ぶりに驚いた様子。「薬を実際使うことがないことを祈りますが、対処できる心強さは、何よりの薬です。新谷さん...

第2チームが梱包(こんぽう)完了

 第2チームは9月13日の出発を前に、8月7日午前10時~8日午後1時、第3チームの池内寛幸隊員の事務所をお借りして梱包作業を行いました。金子鉄男隊長はじめ、駒井浩、神野国昭、小林元紀、山内哲文の各隊員が参加しました。梱包作業を終えて笑顔を浮かべる隊員たち(左から小林、神野、駒井、山内) 第2チームは、現地エージェントのコスモトレック社に殆どお任せする契約を行いましたが、高所キャンプでの食事は日本食...

衛星通信機器の講習

海外遠征隊で使用する衛星通信電話の講習を受けに東京のウェック・トレックへ行ってきました。今回の遠征で使用する衛星通信機器の使用方法の説明を受けたりテストを行いました。ヒマラヤのベースキャンプには電気はもちろん電話回線もありませんが、今回の遠征では衛星通信を使用し、現地から日本へ情報発信を行います。登山の状況や写真をリアルタイムにお届けする予定です。右上が通信機器のビーギャンです。電話機やパソコンを...

衛星電話のレクチャーを受けてきました

昨日、第一隊と第二隊で使用する衛星電話のレクチャーを受けてきました。詳細は後ほど!...

Appendix

信州大学山岳会

sac60th

Author:sac60th
信州大学山岳会は
60周年を迎えました!

【リンク】
信州大学山岳会60周年記念事業
信州大学山岳会
信州大学学士山岳会
信州大学

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード